arm にこんな意味が!

※この記事は、アメブロ時代にかいた投稿を若干改変したものです

 

もう誰でも知っている arm という単語ですが、昔、とある記事を読んでいたらこんな表現がありました。

the coin-manufacturing arm of the Finance Ministry

これは、消費税が増税されるのに伴って1円玉の製造が再開されたという記事の一部なのですが、財務省の coin を manufacture する arm・・・。

1円玉製造器がロボットの腕のようになっているのでしょうか・・・。

ちょっと英英辞典を開いて、armのたくさんの意味の中から関係ありそうなものを探してみましょう。

[arm]
a part of a large group that is responsible for a particular type of activity
(LDOCE)

An arm of an organization is a section of it that operates in a particular country or that deals with a particular activity.
(COBUILD)

なんか、組織とかグループとか出てきているので、多分これですね。

で、そういう場合の arm は、大きなグループや組織の一部であるとあります。

わかりやすくいえば「部門」ってことですね。

その部門が・・・
resumed production of aluminum ¥1 coins

resume(レジューム)っていうのは、ノートPCが普及したおかげでお馴染みになりましたかね。再開するってことです。

そして、その再開は・・・

for the first time in four years at its Hiroshima branch.

ということで、これは財務省の一部門(造幣局)の広島支局が1円玉の製造を4年ぶりに再開したというニュースでした。