child と baby の違い、そして child と adult の違い

※この記事は、アメブロ時代にかいた投稿を若干改変したものです。
英英辞典の上では、child と baby には大きな違いがあります。
まずは見ておきましょう。
[baby]
a very young child who has not yet learned to speak or walk
(LDOCE)
A baby is a very young child, especially one that cannot yet walk or talk.
(COBUILD)
[child]
someone who is not yet an adult
(LDOCE)
A child is a human being who is not yet an adult.
(COBUILD)
まだしゃべったり歩いたりできないのが baby で、それができると child っていう感じですね。
では、child は何ができるようになると、adult になるのか。
これも英英辞典を見てみますが、その前にちょっと考えてみてください。

選挙が出来るようになったら大人なのか。

それとも献血か。

他には何があるかな・・・。

では実際に見てみますか。

[adult]
a fully-grown person, or one who is considered to be legally responsible for their actions
(LDOCE)
An adult is a mature, fully developed person. An adult has reached the age when they are legally responsible for their actions.
(COBUILD)
そうですよね~~。
選挙よりも献血よりも、なによりまず自分の行動に責任が取れるようになって初めて一人前です。

twitterでつぶやいたら、大人はその責任もとらなくちゃいけません。

ということで、やっぱり大人になるっていうのはすごいことなんだ、ただ20歳を超えていればいいってわけじゃないということで、これを読んでいる中学生、高校生の皆さんは自分で責任をとる特訓をしているのだと意識して毎日を過ごしましょう(←お、なんだか偉そうですが・・・)。