arms と weapon の違い

※この記事は、アメブロ時代にかいた投稿を若干改変したものです。

 

3/11に武道館で行われたJOURNEYのライブに行ったのですが、今日はWOWOWでそのライブを放送していたので、録画しつつ見ていました。

あの時の興奮がよみがえってきてしまって、あっという間の1時間半でした。

私はOpen Armsも好きなのですが、Faithfullyの方がもっと好きです。

でも、faithfullyから話を広げていく自信がないので(笑)、まずは arm を英英辞典を見てみましょう。

[arm]

one of the two long parts of your body between your shoulders and your hands
(LDOCE)
Your arms are the two long parts of your body that are attached to your shoulders and that have your hands at the end.
(COBUILD)
肩から手に至るまでの部分ですね。

そして、この arm にはもう一つ意味があります。

[arms]
weapons used for fighting wars
(LDOCE)
Arms are weapons, especially bombs and guns.
(COBUILD)
ま、army っていうくらいですから、なんとなく想像できますね。武器のことです。
爆弾とか銃とか。

でも、武器って weapon じゃないの?何が違うの?と思った方もいらっしゃると思います。

もちろん英英辞典を見てみましょう。

[weapon]
something that you use to fight with or attack someone with, such as a knife, bomb, or gun
(LDOCE)

A weapon is an object such as a gun, a knife, or a missile, which is used to kill or hurt people in a fight or a war.
(COBUILD)

銃やナイフ、ミサイルなど、戦いで使用して相手を殺したり傷つけたりするもの。

ふむ・・・

ちょっとarmの説明文に戻ってみると、armはweaponであって戦争などで使われるとあります。特にLDOCEを見ると、arm は戦争に使われる weapon とあります。

これを読むと、arms = weapon というよりは、なんとなく arms は weapon に含まれるという感じがします。

実際には、ほとんど同じような意味ですが、arms は戦いに使うことを前提として作られた「武器」です。

対して weapon はいわゆる武器っぽくなくても、人を傷つけることができるものも含みます。

例えば花瓶とか(頭を叩く)、竹串とか(手を刺す)。

ですので、arms っていうと軍隊が使うようなものとか規模が大きいもの。

weapon は人が持って戦うようなものというイメージです。

リーサル・ウェポンという映画がありましたが、lethal というのは「致命的な」という意味。

確か、登場する刑事のどちらかが危ないヤツで、その刑事につけられたのがこのリーサル・ウェポンでしたね。

weapon なので、arm ほど大がかりじゃないけれど、まぁ個人レベルで危ない凶器のようなヤツって感じでしょうか。

ということで、arm と weapon の違いはさほど大きくはないのですが、あえていえば arms は army と絡めて群が使うような大がかりな兵器、weapon はリーサル・ウェポンと絡めてたかだか個人レベルの武器・・・というイメージでいかがでしょう。