ocean と sea の違い

※この記事は、アメブロ時代にかいた投稿を若干改変したものです。

 

ついこの間までは、毎年夏は海に出かけていた我が家ですが、子供が成長するにつれ、そのような機会がすっかりなくなってしまいました。

ま、それはともかく、海といえば sea ですね。

では、早速、sea から。


[sea]
the large area of salty water that covers much of the earth’s surface

(LDOCE)

The sea is the salty water that covers about three-quarters of the earth’s surface.
(COBUILD)


地球の表面を覆っている塩水の大きなエリア・・とあります。

まぁ「海」ですからそんな感じですよね。

そして、どちらの英英辞典にも「=ocean」とありました。

当然、ocean も見ておかなくてはなりませんね。


[ocean]
the great mass of salt water that covers most of the Earth’s surface

(LDOCE)

The ocean is the sea.
(COBUILD)


・・・

これじゃ話が進まない(笑)。

そこで、もうちょっと見てみると、次にこんな説明文が出てきます。


[ocean]
one of the very large areas of sea on the Earth’s surface

(ロングマン英英辞典より引用)

An ocean is one of the five very large areas of sea on the Earth’s surface.
(コウビルド英英辞典より引用)


これを見ると、ocean っていうのはとても広い海(sea)の一つなのですね。

コウビルドでは、そのようなとても広い海は5つあると書かれています。

よく、7つの海をまたにかけて活躍する船乗り・・・なんて言いますが、これは(北・南)太平洋、(北・南)大西洋、インド洋、南氷洋、北極海の7つです。

太平洋、大西洋は北と南を合わせてしまってそれぞれ1つにして、5大洋として扱うこともあります。

これがコウビルド英英辞典に書かれているのでしょう。

つまり、海とは、あくまでも地球の表面を覆っている塩水のエリア。

伊豆の海岸にあるのもワイキキのビーチにあるのも sea です。

そして、その親玉とでも言うのか、太平洋とか大西洋といった「大洋」を指しているのが ocean です。

杉山清貴のデビュー曲「さよならのオーシャン」は、どんな歌詞だったか忘れましたが、たぶん茅ヶ崎とかその辺の海の話でしょうから「シー」のほうが内容としてはふさわしいかもしれません。

ただ、「さよならのシー」じゃタイトルとして様になりませんね・・・。